ご教示いただけますと幸いです。 「ご助言」の意味とは|覚えておきたいビジネス用語の使い方を解説

ご教示いただけますと幸いです

🎇 「ご教示ください」の意味は「知識や方法を教えてください」 「ご教示」は、「 ごきょうじ」と読みます。 たとえば、• 「サーバールームのセキュリティロックの手順につきまして、ご教示願えますでしょうか?」• ご助言はアドバイスが欲しいときに使うのに対し、ご教示は業務内容などのやり方や知識、情報などを求める際に使用します。

ご教示いただけますと幸いです

⚠ 「ご教授」もしくは「ご教示」は そのような場面で使い勝手の良い 言葉のひとつです。

ご教示いただけますと幸いです

🤛 口頭で使っていけない わけではありませんが 堅苦しく感じる方も 少なからずいらっしゃるでしょう。 また「教示」は教えてもらう側が使う表現であり、教える側が使うことはありません。

ご教示いただけますと幸いです

💕 アドバイスが欲しいときには、「今回の事業計画に関して、ご助言をいただいてもよろしいでしょうか。 伝授する」とあります。

15
ご教示いただけますと幸いです

✍ また、よく似た言葉の「ご教示」が ありますがこの使い分けも 同時に考えてみたいと思います。 「教授」の意味は、 学術、技芸などを教えること。 お願い事をストレートに「〜してください」「〜でお願いします」と言うと、素っ気ない印象になります。

15
ご教示いただけますと幸いです

🚀 ただし失礼に感じる人も 本来、「教えてください」という表現は敬語として正しいものです。 ・幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。

4
ご教示いただけますと幸いです

♨ つまり、「とんでもない」で一語なので、丁寧語にするのであれば「とんでもない(こと)です」「とんでもないことでございます」とすべきです。 <例> このツールの使い方をお教えいただけませんか。 また、開拓ノウハウなどを 簡単に教えてもらえる 世界ではなかったので 気難しい先輩らから何かを知りたい、 教えて欲しいというとき、 「ご教示ください」を使い 相手への尊敬を示し他の人たちが 聞けないことを聞けたりもしました。

5
ご教示いただけますと幸いです

😀 また、クライアントとのやりとりの中で、 内容や手順、対処の方法などを聞きたい ときにも使えます。 また、主に書類上の事務仕事などよりも実技、訓練という意味で使われる傾向があります。

7