ジェン ティル ドンナ。 第59回有馬記念

ティル ドンナ ジェン

😈 クラシック二戦目のでは岩田が騎乗停止処分を受けていたために乗り代わりとなった。 しかしレースでは好スタートが逆に災いしが作り出した1000m通過58秒4のハイペースを掛かり気味に2番手で追走する形となり、直線で一旦は先頭に立つも後方待機していたに差され、そのまま4馬身離された2着に敗れた。

13
ティル ドンナ ジェン

🐝 「どちらも凄い馬だけど、タイプは違う。

15
ティル ドンナ ジェン

🐲 1番はを快勝したフェアで、2番がであった。

5
ティル ドンナ ジェン

😘 レース中盤以降は、向正面からチェリーメドゥーサが最後方から一気に進出して先頭に立ち後続との差を広げ、後続も3コーナーから追撃を開始してペースがアップする展開となる中で、ズブさを見せて追走にてこずった。

20
ティル ドンナ ジェン

🤐 [ ] 1000m通過は63秒0と 非常に遅いペースとなり、3コーナーまで隊列がほとんど変わることなく進んだ [ ]が、 3〜4コーナー中間点でヴィルシーナが失速し、エピファネイアが押し出される形で先頭に立ち、ジェンティルドンナはマークする形で2番手に上がった。 中央13億2621万円、海外3億9982万400円• なお、2着のシリュスデゼーグルに騎乗していたスミヨン騎手はレース後、騎乗停止処分を受けた。 。

ティル ドンナ ジェン

❤ 今年はほかにも松田国英調教師や角居勝彦調教師などJRAで一時代を築いた調教師の引退が目につきます。 帰国後は優駿牝馬(オークス)以来2年ぶりの川田とのコンビで宝塚記念に出走。 折り合いもついていました。

16
ティル ドンナ ジェン

😀 海外遠征となったは14着に敗れ、今回はその凱旋門賞以来約3カ月ぶりのレースとなったが、陣営は3着だった前年の同レースよりも状態がいいと述べていた。 牡馬・牝馬を含めるとの牝馬の、の牡馬のに続く三冠馬誕生となり、3年連続は史上初である。 外から追い込んで内にささってきたと一杯になったに挟まれ進路を失いかけるが、とは思えない快な当たりでを外へふっ飛ばし進路を作るとートをかけ先頭に立つ。

13
ティル ドンナ ジェン

💢 今は成長して、どっしりとしている」と語る戸崎は、自身が乗った別の名牝との比較をしてくれた。 入場者数・レース売り上げ [ ]• は中先行し、最後の長い直線でを振りきったものの、その後ろから飛んできたに差し切られ2年連続の2着。 道中は中団でゴールドシップをみる形でレースを進めたが、直線で伸びることが出来ず馬群に沈み、生涯最低着順の9着に敗れた。

19