小 フーガト 短調。 フーガ BWV578

フーガト 短調 小

🎇 が、実際のパイプオルガン演奏を見た感想で、とてもとても素人に出来るようなワザではありません。

2
フーガト 短調 小

😆 念のため、ドイツ語のサイトも検索してみましたが、そのような情報はありません。 どうやって「小フーガト短調」におうようしたらいいかヒントになるかもしれません。

12
フーガト 短調 小

👌。

10
フーガト 短調 小

💕 今でも電子ピアノのパイプオルガン音でたまに弾きます。 ちなみに、第1巻第1番のハ長調は、バルトークの版では22番目になっており、ヘンレ社の分類では、プレリュードは「やさしい(等級2)」、フーガは「中くらい(等級6)」となっています。

フーガト 短調 小

⚓ 難しい曲だと間違えずに弾くことが精いっぱいで、そこから先の余裕がなくなってしまうこともありがちです。

9
フーガト 短調 小

🎇 』とか『寄りかかって弾く』とか。

フーガト 短調 小

⚠ ミスをする…という事が初見ではなくて 弾き込んだものという前提でお話しさせて頂きますね。

8