ご 承知 おき ください。 「ご承知おきください」「ご承知ください」「ご了承ください」「ご承諾願います」...

ください ご 承知 おき

⚒ 1: Please be advised. 予めご了承ください」 「お返事にお時間をいただく場合がございます、予めご了承ください」 「ご了承願います」は承諾をお願いするときに使う 「ご了承願います」は、尊敬語「ご」+「了承」+「願う」+丁寧語「ます」で成り立っています。 通知した内容を「心に留めておいて欲しい」と伝えることで、「知っておいて欲しい」という気持ちを伝えることができます。 こちらは「お知りおきください」の言い換えた表現です。

9
ください ご 承知 おき

🤪 そして間違った使い方をしているという方も多く見かけます。 ビジネスシーンでよく利用される「ご了承ください」の利用例をご理解いただけましたでしょうか。 「ご承知おきください」とは? 「ご承知おきください」という表現は、慣習的に何気なく使っている人も多いかもしれません。

2
ください ご 承知 おき

⌚ 「含みおく」のみであれば「自身の内に秘めておく」という意味合いになり、自分自身に対しても使うことができます。 知っている人から見れば、このようなことはちょっと恥ずかしいシーンであったりします。 しかしそれが気心しれた仲なら、問題にはならないと言えます。

15
ください ご 承知 おき

✊ 「かしこまりました」は、『承知』を表す言葉のなかで最も丁寧な言葉に当たります。 • これから紹介する表現は、ビジネスシーンでの使用には向いていません。 これまで「ご承知おきください」が失礼な表現だと知らずに使用していた人は、目上の人や上司、取引先に対して使うことは避け、 「お含みおきください」などに言い換えて伝えましょう。

5
ください ご 承知 おき

😄 こちらは、どちらかというと、注意のような意で、体、健康などに関することに用いられることが多いでしょう。 似たような表現ですが、「承知」と「承認」では意味が変わってきてしまうため、「ご承認ください」を「ご承知おきください」の代わりに使用することはできません。

20
ください ご 承知 おき

😜 例えばイベントの開催広報を任されたとき、文面に「ご承知おきください」と書いてみたいという場合もあるでしょう。

14