ケア プラン 文例。 ケアプラン記入例・文例【施設偏】150事例|立てよケアマネ 記入例・文例・文言フリー

文例 ケア プラン

✆ 妻の介護力では入浴介助はできないので支援を受けて入浴したい• 自力で食事の準備・片付けができるようになりたい• 褥瘡の処置を適切に受けて治癒させたい• 外出の時、歩行が安全に行えるようになりたい• 病状が安定し、健康で生きがいのある生活を送りたい• 確実な入浴ができる• 水分や塩分量をコントロールしていく• 病気のことが心配だが、医師からの医学的管理を受け安心して生活したい• 家族の立位保持介助の負担を軽減する• 高度難聴があり、話が伝わらない 難聴の原因検索のため、受診がまず必要。

文例 ケア プラン

👎 病気が悪化しないように、適切な栄養状態を保ちたい• ・適切な対応で効果的な鎮痛を図る事ができる場合も多い。 確実に食事摂取ができるようになる• カテーテルが留置してあるので、安全に衛生管理をしてもらいたい• 出来る限り経口で栄養が摂れるようにしたい• 体重減少を予防したい• 自力で調理ができるようになりたい• 心疾患があるので、食事量や塩分などの栄養が管理された食事を摂りたい•。 都心部であっても、孤独死をなくすための取組が始まっている地域もたくさんあります。

10
文例 ケア プラン

📱 病状管理や在宅酸素療法が安全に実施できる 骨折 骨粗鬆症• まとめ:ケアプランは入居者の生活を豊かにする 筆者は、介護保険以前から高齢者福祉にかかわっていましたが、当時はまだ収容的要素が強く、個人と言うより施設の都合が優先されることが多かったように思えます。

文例 ケア プラン

📞 安全に寝返りできるようになりたい• マニュアルが更新された場合は、パソコン画面上に表示。 適切な医療処置を受け健康的な生活を維持していく• 定期的に日光に当たって健康な日々を過ごす リウマチ• きれいな体・皮膚で快適に過ごせる• 体を動かして便秘を改善させたい• 糖尿病の症状をコントロールし、自宅での生活を継続させる• 皮膚トラブルを起こさず、毎日気持ちよく過ごせる• そのためにはリハビリテーションが必要ですが、高齢者の場合、身体的な負担がいため機器を使うリハビリよりも、箸を使って食事をする、自分でトイレに行けるなどの 「 生活リハビリ」が中心となります。

文例 ケア プラン

👉 清潔な皮膚状態が継続される• 妻(夫)の介護負担が重くならない様にして夫婦で生活していきたい• 自力で洗身ができるようになる• 医学管理を受け、安心して自宅での生活が続けられる様にする• トイレまで歩けるようになる• 主治医との連絡体制を確保し、安心して生活したい• 利用者と家族が「ニーズ」としてとらえなければ、ニーズを自ら解決していく自立型のサービスは利用できません。 今の筋力や体力が維持できるように外出の機会を確保したい• 水分をむせることなく飲み込みたい• 物にぶつからずに歩行できるようになる• 汗をかきやすいため、体が不衛生になりやすい• 少量でも自力で食事が摂れるようになりたい• 安全な管理の元で排尿バルーンカテーテルを使用したい• 自力で歩行ができるようになりたい• 自宅浴槽での入浴ができる• 原因検索のための内科受診 起立性低血圧を起こす薬剤の検討 脱水の評価 ベッド上半分のギャジアップ 急激な頭位変換を避けるよう指導 精神安定剤を服用している 薬剤の必要性の検討(メリット・デメリットの比較)を行う。

4
文例 ケア プラン

⚛ 飲酒の害について本人の理解を深める。

16
文例 ケア プラン

🤭 こちらも「認知症を予防する」となっているのに短期では「お風呂に入る」になっていますが、どうして認知症を予防する為にお風呂に入るんでしょうか?これでは道理が通りませんよね?まずは認知力がどの程度のものなのか?いつごろから症状が出始めたか?どのように予防していきたいか?本人・家族はどう思っているか確認する必要があります。 痴呆によるコミュニケーション障害が進行している場合は家族に対する説明・啓蒙を行う。

4
文例 ケア プラン

😜 痴呆の初期症状であることもあり、専門医を受診する。 在宅酸素療法を行っているが、以前のように外出したい 骨折 骨粗鬆症• これまで介護は経験に頼るところが多く、すべての介護職員が同じスキルで介護を行っているとは言いがたい状況でした。 車いすで通院できるようになる• 関節炎や筋障害などの診断のための受診 ADL訓練(四頭筋訓練) 通所リハビリテーション 車椅子貸与 脳梗塞後遺症で歩行がやや不安定だが、糖尿病があり運動療法を勧められている 危険の少ない運動プログラムを立ててもらうよう医師に照会。

14
文例 ケア プラン

🌭 糖尿病があるので、服薬を確実に行うことができる• オムツを使用しているため、体が不衛生になりやすい• 自力で体を洗うことができるようになる• 尿器を使って自分で排尿できるようになる• 食事の用意が自分でできない 調理、配膳などに身体訓練が必要な場合はリハビリプログラムによるADL訓練と環境整備をおこなう。