法事 コロナ。 新型コロナウイルスに対して法事をどうしょうか? | 納骨堂を大阪でお探しなら永代供養もできる西淀川区の浄土門 時宗 光明寺へ

コロナ 法事

😔 相談ください。 詳しくは、をご覧ください。

コロナ 法事

🌭 悪いことが起こるなどという考え方は故人を悪霊のような扱いをしているのと同じです。 今後広がるだろう」とみる。 もしかしたら普通に開催しても大丈夫かもしれませんが、万が一の時に困るので、中止した方がいいのか?と思いました。

11
コロナ 法事

😋 人数も絞れば家でやるよりも大幅に密を避けることができると考えられます。 ただし地域によっては、法要の後に食事をとることに大きな意味があるとする考え方や慣習が多いところもあるので、ご自身の周りにそういった意見の方が多ければ、法要の後に食事をとる形にするとよいかと思われます。

9
コロナ 法事

🤘 今回のコロナウイルスで経済的にも精神的にもダメージを受けているお寺も少なくはない。 また、お若い親族に声をかけてみたら? イトコさんたちと意見交換(祖父の法事も大切だが親の健康ももっと大事)して見られたら?お母さまや叔母様が親を思うと同じに孫も親を思っているという声が上がればお母さまたちの考えを変える力になりませんか? やみくもに反対より「いかに安全に偲べるか」の提案がいいと思います。

コロナ 法事

⚓ どうか、法要厳修の寺院と相談して皆様の現状での最良の方法をとっていただきたいと思います。 近日の法事に対して不安がおありであれば、法要を頼んだ方に相談してください。 新盆の法要に招かれた場合には、手土産に添えて「御仏前」あるいは「御供物料」を持参する。

2
コロナ 法事

😅 7月に入ると「棚経」といって、菩提寺の僧侶が檀家をまわってお経をあげていただくという習わしがある。 通常なら1カ月で約200件のお参りがあるが、中止によって月参りからの収入はゼロになった。 京都市上京区の浄土宗寺院・浄福寺住職の菅原好規さん(63)は4月下旬、屋外での月参りを始めた。

コロナ 法事

✌ お寺さんから「構いませんよ。 やむを得ず中止する場合 今回の法事は断念しよう…そういう時は祥月命日 亡くなった日 に人数を絞って家族や集まれる人などでお参りしましょう。 現在お寺の年中行事はどうなっているのか? 報恩講や春の永代経法要は満堂になってしまうことが多く 3つの密を避けるため軒並み中止のお寺が多いようです。

4