グラトニー。 グラトニー(鋼の錬金術師)

グラトニー

💙 そして「血を分けた家族」と呼んで特別視していたホーエンハイムに広範な知識を与える。

11
グラトニー

🙃 右に4つ、左に2つ、計6つのピアスをしている(エドワードからのお土産)。 茶髪の刈り上げ、背は低いが恰幅の良い体型の男性。

2
グラトニー

🐲 しかし、度々語られる人生観・宗教観などの思想信条には他のホムンクルスとは違った面もあり、人間を単純に軽蔑しているわけでもない。 「肉がやわらかくておいしー」とのこと その正体は『が作り損ねたの失敗作』とされる。 身体能力や銃器の扱いに長けており、マスタングの部下の中で実働的な役割を務める。

グラトニー

⚐ 星の扉を開けるのに扉同士の反発力が必要だったみたいだし、最初は自力で扉作ってそれを使おうと思ってたんじゃない? で、結局疑似的なものしか作れなかったから人柱を集めることにした、みたいな。 常に銃を二丁携帯している。 最初はユースウェルでエドワードのことを知り、彼に会おうとする。

8
グラトニー

☎ 黒髪のショートヘアーに黒の瞳が特徴。

9
グラトニー

😉 身長260㎝前後。 実際のパラケルススの本名はもっと長いもので、作中でも当初その名前が付けられようとしたが、ホーエンハイムが「長い」と拒否したため、最後の「ヴァン・ホーエンハイム」のみに短縮されたという経緯がある。

グラトニー

👏 穏やかで優しい性格で気が弱い。 正体はホムンクルスの一人、ラース(Wrath)。 ホムンクルス達への協力についても、「大きな世界の流れの中で(人間とホムンクルスの)どちらが生き残る力を持つのか(観てみたい)」と述べたり、己の存在の是非を賭けたりと、レイブンら通常の人間の協力者とは一線を画している。

17
グラトニー

👇 マスタングのチェスの相手、知恵が必要な時の相談相手でもある。 ブレダは同期。

15
グラトニー

✇ セントラルシティの地下深くに本拠を構え、掌握・使役しているホムンクルスや軍上層部を通して作中を暗躍する。 ウロボロスの刻印は彼らしくにある。

5