シチズン アテッサ。 スポーティかつエレガンス!「シチズン アテッサ」おすすめ4選

アテッサ シチズン

⚠ エコ・ドライブは、シチズンが独自に編み出した技術のひとつです。

14
アテッサ シチズン

🤗 関連記事• 肌に触れる部分は、ニッケルアレルギーがおこらないように処理が施されています。 また、後で見ていただく3時と9時の位置にあるサブダイヤルも立体的な造形としつつも、外側の文字板の高さがあるので相性の良いデザインになっています。 ブレスレットにも秘密が フィットアジャスターとプッシュ中留め 「」は、金属製のブレスレットが採用されていることが多いです。

5
アテッサ シチズン

😈 海外スタッフに連絡する前に、迷惑にならないよう現地の時刻を確認しておきたい、といったケースでも活用できるだろう。 りゅうずを1段階だけ引き、回して、ベゼル部分に並んだ世界の各都市名(26タイムゾーン)に秒針を合わせてからりゅうずを元に戻すことで、自動でその都市の現在時刻に調整してくれる。 2018年モデルは主張しすぎないデザインを目指してマットな質感を基本にしていました。

アテッサ シチズン

❤ は、1976年に世界初のアナログ式太陽電池腕時計を発売しました。 ステンレスやチタニウムなどの金属表面硬度を高め、優れた耐摩耗性により、すりキズや小キズから時計本体を守り、素材の輝きを長時間保つ技術の総称です。 「 シチズンアテッサ CB3015-53E」のワールドタイムは、24都市対応です。

17
アテッサ シチズン

😁 そういったキャラクターをもつ腕時計がマッチするはずだ。

16
アテッサ シチズン

♥ また、文字板からベゼルに配置変更されたおかげで、文字板が広々しています。 大切な相棒ではあるけれど、気安く扱えるカジュアルさも同時に兼ね備えていると感じるのは、「アテッサ」の積み重ねてきた歴史からくる信頼の高さが理由かもしれない。 瞬時に日時を合わせる ダイレクトフライトとは? ワールドタイム機能が搭載された腕時計は、「りゅうず」を引いて現地の時刻にあわせます。

アテッサ シチズン

✋ 以後、先述した「エコ・ドライブ」やチタニウム表面硬化技術「デュラテクト」(詳細は後述)なども取り入れられ、現在に至っています。 走り出してから、会社の始業時刻に間に合うかどうかを都度確認する際には、素早く簡単に把握できる腕時計は必須だ。 ここでは、代表的な機能を説明していきたいと思います。

4
アテッサ シチズン

😛 チタニウムはステンレスに比べて軽いので、手にしたときの重厚さが足りないなと思っていたんです。

11