生活 保護。 生活保護法|条文|法令リード

保護 生活

💙 そのため例えば、最低生活費が15万円の家庭で、パート代が10万円しかなければ、差額の5万円は生活保護のお世話になることができます。 同法第115条の9第1項又は第115条の35第6項の規定による同法第53条第1項本文の指定の全部又は一部の効力の停止があつたとき。

7
保護 生活

🤩 )を行う住居に入居している者若しくは身体障害者福祉法第18条第2項の規定により障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」と、「第16条第1項第2号」とあるのは「第15条の4の規定により共同生活援助を行う住居に入居している者若しくは同法第16条第1項第2号」と、「に対する」とあるのは「若しくは共同生活援助を行う住居に入居している者に対する」と、「施設に引き続き入所して」とあるのは「施設又は住居に引き続き入所し、又は入居して」とする。 【関連】 また借金の残高が少額であれば、わざわざその為に自己破産するのも難しいので、返済が認められる可能性もあります。

17
保護 生活

👏 その後、2010年9月10日までに、集団で申請を行った16世帯46人全員から生活保護の辞退および申請の取り下げがあった。 しかし結論からいうと、不動産を所持していても生活保護を受給することは可能です。

3
保護 生活

🐾 脚注 [ ] [] 2014年8月1日閲覧。 )、第35条、第37条、第38条 (水道法第46条、第48条の2、第50条及び第50条の2の改正規定を除く。 R02. 届出の義務 - 収入や支出など、生計の状況に変動があったとき、あるいは居住地または世帯構成に変更があったときは、速やかに実施機関等へ届け出なければならない(第61条)。

12
保護 生活

😗 )、第169条、第171条 (廃棄物の処理及び清掃に関する法律第21条の改正規定に限る。

保護 生活

⚑ 生活保護受給のデメリットは? )について、第50条、第50条の2、第51条 (第2項第1号、第8号及び第10号を除く。 第171回国会(常会)、答弁書第一九八号、平成二十一年六月十六日、生活保護法上、保護の対象となるのは、日本の国籍を有する者であり、外国人は、同法第六条第二項に規定する要保護者には含まれない。

18