コロナ は 中国 の テロ。 コロナは生物兵器と糾弾されても仕方ない理由 中国人海外旅行者を媒介に世界に拡散、不良品マスクで追い打ち(1/7)

の コロナ テロ 中国 は

🐾 だが、その後、感染が広まり、隠蔽するかしないかの話ではなくなった。 武漢の設備は最先端だったのかもしれないが、中国の安全基準は一般的に著しく緩いと言われている。

11
の コロナ テロ 中国 は

🍀 個人的には海鮮市場もヤバいですが、ウイルス研究所を徹底的に調べあげて欲しい! 1963年、千葉県生まれ。 つい最近、アメリカのグループが調べたのですが、新型コロナウイルス感染症の患者さんから直接とってきた何種類ものウイルス、コウモリにいるウイルス、それからセンザンコウ(哺乳綱鱗甲目に分類される構成種の総称)にいるウイルスの塩基配列を全部比べてみると、やはり新型コロナウイルスに非常に近いものが、センザンコウにも、コウモリにもいるのです」 「いろいろな塩基配列の解析からすると、やはりこのウイルスはそちらの動物側から来ているということのようです。

6
の コロナ テロ 中国 は

🤚 出典: この違法の野生動物などを取り扱っている市場が新型コロナウイルスの発生元と言われているのは、初の新型コロナウイルスの感染者が海鮮市場の常連客だったからということがネット記事にでていました。 CCDCは、武漢市と湖北省のその他の都市、さらに北京、上海、広東省、江蘇省、四川省、遼寧省に住む3万4000人を対象に調査を実施し、新型コロナウイルスの感染率を調べた。

9
の コロナ テロ 中国 は

🤐 閻麗夢博士が4月30日にアメリカに亡命に成功した後、マリック博士は5月10日に香港ウイルス研究所を辞職し、スリランカに帰国しました。 この法輪功のテレビ番組に登場したのは、バイオテクノロジー企業サンリージェン(SunRegen Healthcare AG、スイス)の最高科学責任者(CSO)兼共同創業者、董宇紅氏という感染症研究者。 アビガンが注目されたきっかけは、実際に新型コロナに感染した患者に使用した中国の試験で、効果がみられたからだ。

12
の コロナ テロ 中国 は

👍 もし中国の科学者たちが生物兵器の研究と開発を急がされていたとしたら、手抜きがあったと見て間違いないだろう。 果たしてそれは本当だろうか? 中国共産党が、国連の生物兵器禁止条約に署名しているにも関わらず、生物兵器の開発を軍事的優位性を得るための重要な鍵と見なしていることは有名な話だ。

3
の コロナ テロ 中国 は

💋 新型コロナウイルスの拡大で行動変容が起きた後の社会に焦点を当てた「アフター・コロナ」論議も活発化している。 感染の発生源に関しても、当局はウソの連続であった。

10