ガンプラ ブログ はじめ まし た。 HG 百錬(アミダ機)のパッケージ・ランナー レビュー

まし ガンプラ ブログ た はじめ

😃 アリオスガンダムとGNアーチャー自体は2箇所くらいのダボでしっかりと固定出来ています。 キャノピーはグリーンのシールでの色分け。

まし ガンプラ ブログ た はじめ

☎ 腕部はHG THE ORIGIN版ジム系のベーシックな形状がそのまま流用されています。

13
まし ガンプラ ブログ た はじめ

👏 売れてないのか・・・; 横絵は片刃式ブレードやアサルトライフル、ナックルガードなどの武装類や腕部の可動ギミック、オプションセットを使ったカスタマイズなどが掲載。

4
まし ガンプラ ブログ た はじめ

🙄 センサーポッドとマーカーポッドタイプ、どちらの頭部も表現が豊かですし、表情の変化も感じられるものになっています。 ダ・ビンチはどうも流用を考えて作られていないみたいですし、プロポーションやサイズ感の問題もあるので、簡単にキット化というわけにはいかなそうではありますね。

まし ガンプラ ブログ た はじめ

⌛ そのため組み立てもしやすいですし、新造されたバックパックなども組み立てやすく見栄えのいい、出来の良いキットになっていると思います。

18
まし ガンプラ ブログ た はじめ

☕ こういった脇役たちは、シリーズに登場して間もないうちは人気がなくても、ときが経つと味が感じられて主役機よりも深い人気を誇ることもありますし、初期生産数が少なくレアアイテムになる場合もあるので、いろんな意味でも侮れないガンプラの一つですね。 柔らかいクリアーピンクのランナーはどちらもきれいに切れました。 HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて大きさを比較。

まし ガンプラ ブログ た はじめ

♥ 217• 110• 3個パーツの簡易的な作りで一部に合わせ目ができます。 では各ランナーを簡単に見ていきます。 G1、G2はグレー成型色で、ブースタービームキャノンなどバックパックユニットや機首ノーズビームキャノン用パーツ。

17
まし ガンプラ ブログ た はじめ

📲 153• メインスラスターユニットとはポリキャップ接続となっています。 387• Cは濃いめのブルー成型色で、頭部や胴体部、腕部、脚部などの各部パーツ。

15