山岡 俊介。 <山岡俊介氏、とんでもない情報!>渦中の黒川東京高検検事長、もみ消しの意を受けた“政界フィクサー”から現金を受け取った 赤かぶ

俊介 山岡

☕ そもそも、このサブリースという方式、不動産投資家は儲からないといわれる上、スマートデイズの場合、 投資家の年収を誤魔化して銀行に繋いだり、空室分の保証を実行しないなど数々の問題が指摘された。

12
俊介 山岡

✌ 結局は佐川と同じだろ。 「当日は裁判の件で弁護士と打ち合わせしていました。

俊介 山岡

👆 新橋の喫茶店で会いました。 (平成27年(ワ)第13632号記事削除等請求事件、原告佐藤昇・被告山岡俊介、民事第42部A合に係、裁判長:小野瀬厚・裁判官:佐々木健二・裁判官:小泉敬祐・書記官:高良久美)()()。

14
俊介 山岡

👆 寺澤さんと山岡さんは、安倍氏の当時の秘書と火炎瓶事件犯人の間で交わされた確認書なども把握しており、今後もこの問題を追及していくという。 検事長の定年延長という前代未聞の事を平気でする安倍と菅官邸が支持率は本当の数字を出しているとでも思っているのか、安倍がこれまでしてきた事に不正、改竄、破棄、隠蔽、捏造、嘘全部してきた男だ。 を紹介いたします。

俊介 山岡

☮ それでも山岡氏らは追及の手を緩めず、2014年8月、寺澤氏とともに安倍氏の筆頭秘書だった竹田力氏(元山口県警の警視=16年8月死去)のもとを訪れ、トラブル解決のために安倍晋三氏と小山氏を引き合わせたこと、「私が一筆入れました」などの証言を引き出す。 91年『週刊大衆』の専属記者を務めながら『噂の真相』『財界展望』などを中心に記事執筆。 91年『週刊大衆』の専属記者を務めながら『噂の真相』『財界展望』などを中心に記事執筆。

俊介 山岡

👍 この竹田氏とともにロビー活動をしていた「電通」元専務の高橋治之氏は、ラミン親子を含めた主なICO委員へ贈与を含めたロビー活動をしていた点は認めた。

15